私は、今年8月に俵山地区へ移住してから、俵山の魅力をもっと長門市内外へ、アピールする方法はないかと日々考えていました。
現在、里山ステーション俵山で行われている『里山の朝市』では、新鮮な野菜の販売、石釜ピザや手打ちそばで好評を得ています。
その朝市をきっかけに、より多くの方に俵山を周知する企画を、NPO法人の理事会並びに地元俵山地区の先輩方に、平成25年度地域おこし事業として提案させていただきました。
 具体的な活動としては、11月15日~18日の間、静岡県のイラストレーター、…サノユカシさんをお招きして、俵山地区までの案内図を盛り込んだ里山朝市ポイントカード、俵山特産表示シールの制作、及び俵山全体をアピールできる看板の設置を行います。
今日は、準備としてNPOの有志と共に看板の設置を行いました。
みなさん、忙しい中仕事の合間をぬって駆けつけくれました。
私の仕事は、地域のご理解と、みんなの力が無いと成り立たないことを改めて痛感しました。
本当に有難うございました!
あとは、イラストレーターの到着後、この看板にイラストを描いてもらいます。
どんな看板ができるか楽しみです。
まだスタートラインにも立っていない、最後まで気を抜かず頑張ります!