通・青海島エリア

通・青海島エリアは古くから捕鯨や漁業・水産加工業で栄えてきた通(かよい)、漁業中心の大日比(おおひび)、大泊(おおとまり)地区、田園風景が広がる青海(おおみ)地区がそれぞれ集落を構える地域で、美しい海を身近に感じる暮らしができるエリアです。海で魚を釣って、畑で家庭菜園を楽しむ。そんな半自給自足暮らしを楽しみたい方におすすめのエリアです。

PICK UP

通くじらまつり

今から約400年前江戸時代、長州毛利藩の頃、その通(かよい)地方は湾上の地形はクジラが迷い込みやすく、モリや網を使って人の手で捕鯨がされていました。そんな古式捕鯨を今もクジラに見立てた船を使って再現し、お祭りとして受け継いでいます。さらに、通地方では大漁を祝って唄が歌われます。しかし、不思議なことに拍子を取る際に、手拍子をせずもみ手で歌います。くじらへの弔いの気持ちを込めているためだと言われています。この唄は「通鯨唄」と呼ばれ、通鯨唄保存会の人々、そして地元小学校の子供たちによって歌い継がれており、お祭りでも披露されます。

青海島

北長門海岸国定公園の中心に位置する青海島は、周囲約40kmで、別名『海上アルプス』と称され、大自然が削り上げた洞門や断崖絶壁・石柱など数多くの奇岩・怪岩などの芸術作品が多く、まさにスケールの大きい自然美術館と言えます。そんな青海島の景色を、陸上からは青海島自然研究路を散策しながら、海上からは青海島観光遊覧船に乗って楽しむことができます。青海島は、スキューバダイビングの良質なスポットとしても人気があり、その人気は口コミで広がり、今では県内外から多くのダイバーが訪れるまでになりました。青海島特有の地形や希少な浮遊系生物などを見ることができます。

青海島キャンプ場

日本の渚100選の1つに選ばれている青海島(おおみじま)を堪能できるキャンプ場。 目の前の海では、海水浴やスキューバーダイビングが楽しめ、すぐ近くにある散策路「青海島自然研究路」を歩けば、青い海に奇岩怪石が立ち並ぶ様子から別名「海上アルプス」と称されるほどの美しい景色を眺めることができます。 そんな美しい景色に囲まれ、夕日を眺めながらのバーベキューや、日本海の潮騒を聞きながら眠ることができるのも、このキャンプ場の魅力の1つです。

高山オートキャンプ場

青海島の最高峰高山の中腹に位置する海と山を楽しむことができるキャンプ場。夕日や漁火も鑑賞できます。

地域の方からのメッセージ

準備中