長門暮らしの7か条

皆さんは、さまざまな目的を持って、移住・定住をお考えだと思います。
田舎暮らしは都会に住む方にとっては、とくに魅力的に感じられるでしょう。スローライフとも言われるだけあって、田舎ではゆっくり時間が流れていてゆったりと過ごすことができる一方で、今までの生活から一変!何から何まで予想外の出来事が起きて戸惑うこともあるかもしれません。
そうなる前に、長門市での生活を成功させるためにいくつかアドバイスさせていただきます。

その1:まずは、目的を持ってスタート!

長門市への移住・定住に限らず、田舎暮らしには目的を持つことが成功への第一歩です。
たとえば、「自給自足の生活をしたい」「無農薬で育てた野菜を使ったレストランを開きたい」「空気のきれいな中で子育てをしたい」など。
夢の実現へ向かって、楽しんで田舎暮らしをするためにも、移住・定住する前にはっきりと目的を決めておきましょう。

その2:情報交換が大切!

移住先の場所や便利性などは実際体験している方からお話を伺うのが一番です。 都会と違う部分や不便な事を聞くのも良い事だと思います。
UJIターン先輩移住者の声

その3:美しい自然の中で生活したい!という想いだけでは・・・

どこにいても生活するには、必ずお金がかかります。
田舎で生活するための収入源をはっきりつかんでおきましょう。長門市へ移住・定住をされる方にはさまざまな支援サービスを受けることができます。
移住・定住後に困らないために、そういったサービスも上手く活用するといいでしょう。
移住・定住支援情報

その4:長門市では車が無いと不便!?

都会で生活した方にとって、一番と言っていいくらい田舎では交通の便利がとても悪いです。
1時間に何本もバスや電車が通っているなんて思っていたら、かなりショックを受けられるでしょう。
長門市民はほとんどが、高校卒業の際に運転免許証を取得し、どこへいくにも車を利用します。中心街でも歩いている人は少なく、スーパーやショッピングセンターへ買い物に出かけるには大半が車を利用します。
運転免許証をお持ちでない方は、事前に取得されることをおすすめします。
長門市JR•バス時刻表(201904ver)

その5:静かな夜を楽しもう

長門市は、中心街を除き、夜は20時位から静かになります。
今までのような都会のネオンが恋しい・・・と思われる方は、是非夜空を見てください。
とってもきれいな星空が空一面に広がっていますよ。
ゆったりと星を眺めて過ごす夜は、都会の明るい夜空では味わえないですよね。

その6:地元の人々と交流しましょう

慣れない田舎生活をスタートしてから数カ月は不安がいっぱいです。
そんなあなたを支えてくれるのが、地元の人々です。田舎の集落は都会とは違って住民同士の結びつきが強いですが、長門市の人々は、よそから来た人を拒むような閉鎖的な考えはありません。すぐに受け入れてくれることでしょう。
また、地元のサークルやイベントなどに積極的に参加すると、たくさんの友人をつくれますよ。

その7:不便さを楽しむ余裕を!

田舎では交通をはじめ歩ける距離にコンビニやスーパーがないなど、都会の人にとったら不便なことがたくさんあります。
都会にあるものが無い!都会では考えられない風習がある!などとマイナス面だけを見ずに、好奇心を持ってそれをプラスに変えていく余裕がないと、田舎暮らしは難しいです。
さらにその不便さを埋めてくれるのが「人の繋がりの豊かさ」です。
そこで困っている人がいると、あたりまえのように手を差し伸べることが、田舎では自然なことです。
お互いを思いやり繋がっていくことで、都会では感じることのできなかった純粋な温かさを実感することでしょう。

是非、一度田舎暮らしを体験して感じてください

お試し暮らし施設

長門市への移住を検討している方などを対象に、一定期間、市内の風土や日常生活の状況を実際に体験してもらうための宿泊施設を用意しています。
長門市定住希望者で、田舎暮らしを体験されたい方が対象です。

お試し暮らし施設 田舎暮らしの宿「ゆうゆう」

旧旅館を改装した施設で温泉街にあります。温泉街のゆったりした空間で、時間を過ごしませんか。

住所
長門市俵山5150番地(旧紺屋旅館)
構造・面積
木造瓦葺3階建 382.05㎡
間取り
客室スペース(3人/室):7室
チャレンジスペース:1室
1階の道路に面した部屋をチャレンジスペースとして設置。雑貨などのチャレンジ店舗のほか、芸術家のアトリエとしても活用可能
炊事場・居間・トイレは共有 風呂なし
使用箇所
共有スペース及び 客室スペース(1室)
チャレンジスペース
ご利用料金(光熱水費等含む)
料金前払い制 15,000円/週(1室3人まで利用可能)
素泊まり お一人様2,500円/泊
休憩 1,000円/1人(4時間単位)
チャレンジスペースは業種により相談 1日1,000円から
備考
風呂は、俵山温泉共同浴場(施設から約20mと約70m)を利用。
※別途入浴料が必要。
町の湯(施設から約20m)
白猿の湯(施設から約70m)
お問い合わせ・ご予約
NPO法人 ゆうゆうグリーン俵山
長門市俵山4497番地
電話0837-29-5070
u-u-green@hot-cha.tv

宿泊部屋

台所

共有スペース

Country Life ログ「むかつく」

向津具半島にあるログハウスです。油谷湾を眺めながら、過ごしませんか。

住所
長門市油谷向津具上958番地1
構造
ログハウス
棟数
2棟
1階
リビング、台所、洗面台、トイレ、お風呂
2階
ベッドルーム
金額(光熱水費等含む)
1泊: 3,000円/人(4泊まで)
1棟:15,000円/棟+1ベッド:1,000円(5~13泊まで)
1棟:30,000円/棟+1ベッド:1,000円(14~27泊まで)
※原則27泊まで
※追加シーツ500円
備品
生活に必要な備品は用意してあります。
詳しい内容は、お問合せ下さい。
お問い合わせ・ご予約
パタ屋内 NPO法人 むかつく事務所
長門市油谷向津具上958番地1
電話0837-34-0868

台所

宿泊部屋

浴室

UJIターン移住先輩者の声

福岡県から長門市で3人目となる「地域おこし協力隊員」として青海島の通地区に移住された馬來(まき)さん。平成29年6月に3年間の任期満了を迎え、現在は農業に従事しながら、養蜂家として起業しています。
 
詳細は、こちらから
平成30年8月28日公開
県内から「畜産農家」としての暮らしのために、日置地区に移住された和田さん。移住のきっかけや将来の目標などをお話しいただきました。
 
詳細は、こちらから
平成30年6月29日公開
東京都から長門市で5人目となる「地域おこし協力隊員」として三隅地区に移住された津田さん。平成30年8月に3年間の任期満了し、現在は東南アジアでみられるオート3輪車「トゥクトゥク」を活用した移動販売車「トゥクトゥクカフェ」での営業や向津具の棚田米を使った日本酒「純米大吟醸 むかつく」製造・販売をされています。
 
詳細は、こちらから
平成30年6月20日公開(令和元年6月25日更新)
東京都から向津具地区に移住された松本さん夫妻。お米や野菜を自給しながら農家民宿「くら里木」を営んでいらっしゃいます。
 
詳細は、こちらから
平成28年8月1日公開
埼玉県から長門市へ移住された『山下 剛』さん、『阿部 麻紀子』さんのお二人。2人の仕事は、長門市では、イメージしずらいグラフィックデザイナーとWEBクリエーター。そんな2人が、田舎に移住。移住のきっかけや移住後の生活などをお話しいただきました。
 
詳細は、こちらから
平成26年3月13日公開
先輩移住者の声
平成14年(2002年)に向津具地区に移住し、天然塩や有機農法に取り組まれている「百姓庵」の『井上』さん。
 
詳細は、こちらから
平成26年3月13日公開

移住コーディネーター

長門市では、油谷向津具地区への移住希望者に対して、移住の相談や情報提供、各種支援を実施するために「移住コーディネーター」を配置しています。

平成30年(2018年)8月より移住コーディネーターとして、活動しています磯野沙智恵(いそのさちえ)と言います。私は、もともと長門市仙崎の出身で、Uターンしてきて平成27年8月~平成30年7月まで地域おこし協力隊として勤務してまいりました。今まで地域おこし協力隊として、向津具地区と関わってきて、私自身が向津具を好きになり、これからも大好きな向津具に関われることはうれしいかぎりです。
向津具に移住をお考えの方、私がサポートいたしますので、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
パタ屋 TEL:0837-34-0868

定住支援員

長門市では、移住の相談や空き家情報バンクの物件案内など、移住・定住希望者への支援を実施するために「定住支援員」を配置しています。

平成28年(2016年)10月より定住支援員として勤めています窪田竜一(くぼたりゅういち)と申します。移住希望者からの相談や、空き家情報バンクへの物件登録・視察案内などの対応をしています。
長門市への移住・定住をお考えの方や、空き家情報バンクについて質問のある方など、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
定住支援員直通 TEL:0837-27-0091