長門市地域おこし協力隊の自伐型林業事業担当として、令和3年2月1日に着任した、堀 伸哉(ほり しんや)です。

 千葉県出身で、2021年の1月まで東京で会社員をしていました。

趣味は山歩きや音楽、映画鑑賞です。

今まで千葉と東京でしか暮らしたことが無く、知り合いも居ない土地での新生活なので大変不安でしたが、同じ協力隊のメンバーや地域の方々に助けてもらっています!

 

長門市地域おこし協力隊になった理由及び長門市を選んだ理由

幼いころから海や山が大好きで、いつかは豊かな自然の中で生活することが夢でした。

移住に向けて調べる中で、林業と出会い、まったくの未経験ですが可能性を感じ、この分野に進むことを決意しました。
長門市は林業への支援が充実しており、さらに海と山に囲まれた美しい環境に惹かれ、長門市の協力隊に応募しました。

 

これまで取り組んだ活動及び現在取り組んでいる活動

協力隊に着任してまだ間もないので、今はまだ中間支援団体の方に付いて険しい山の中で森林の現地調査等をしています。

  

林業以外では、仙崎地区のみすゞ通りでイベントを企画している協議会のミーティングに参加しました。
若手の方々が中心になって地域の活性化に熱心に取り組んでいる姿に良い刺激を受けています。

 

これから取り組みたい活動

まずは、林業に関する基本的な技術(チェーンソー・林業機械)や知識(毎木調査・選木・造林・林道開設法)を身につけ、さらに森林土壌や周囲の環境に関する生態学、林業経営学まで体系的に学習したいです。
「採算がとれる持続可能な林業」を目指し、製材工場や原木市場への現場視察など積極的に取り組む予定です。

 

活動や生活を通して感じる長門市の魅力

海や山が身近にあるので、アウトドアが好きな方なら、毎週末アウトドアツーリズムを楽しむことも可能です!!

また新鮮な魚介類!名物の鶏肉!!複数ある温泉街!!!
都会では経験できない魅力にあふれた長門市で、これからやりたい事が沢山あります

 

 

これから地域おこし協力隊を目指す方に一言

長門市は、豊かな自然と生活の利便性のバランスが取れた非常に住みやすい場所だと感じています。
私はスムーズに新生活が始められましたので、都市部から地域おこし協力隊で移住を検討されている方は、一度いらしてみてはいかがでしょうか。

また、それぞれの活動ミッションに対しても充実した支援体制があるので、未経験の分野でもチャレンジができます!

長門市で一緒に頑張りましょう。