はじめまして、大前 風花です。

大阪府出身で、今年の3月まで京都にある芸術大学に在学していました。
大学では環境デザインを専攻し、主に住宅の意匠設計やリノベーションについて学んでいました。

いろんなひととお話しをすることが大好きで、地域の方々をはじめ、色んな人たちと交流することができるこの環境を、とても気に入っています。

 

長門市地域おこし協力隊になった理由

大学4年生になる少し前に進路について考えていたときに、わたしは自分の好きなことを好きな場所でしたい、と強く思うようになりました。

情報にあふれている都市部ではなく、好きなことに夢中になれるような穏やかな環境の下で暮らしたいと思いました。

そんなときに、たまたま大学のプロジェクトで長門市を訪れる機会があり、海と山があって、おいしい食べ物もいっぱいあって、星がきれいで、温泉もある!と、まさに、私が理想とする環境であったことから、長門市に移住することに決めました。

そこからいろんなご縁があって、以前から知っていた地域おこし協力隊として長門市に移住することになりました。

 

これまで取り組んだ活動及び 現在取り組んでいる活動

着任して半年も経っていないので、まずは地域のこと・長門市のことを知ることに重きをおいて活動をしています。

いろんなひとと交流を重ねて、たくさんのことを知ると同時に、多くの人にわたし自身のことを知ってもらえるようにしています。

現在は、地域の方々がよりまちづくりに参加しやすくなるようなシステムをつくるための活動と、空き家の利活用の仕方について実践を通して学んでいるところです。

 

これから取り組みたい活動

今は、多くの人が集まったりすることは避けている状況ですが、これからの活動としては、学生時代に築いた人脈や、取り組んだプロジェクトの経験を活かして、長門湯本をはじめとする、長門市のまちづくりに県内外の学生が参加できるような仕組みをつくっていきたいと考えています。

私と同じ年代や若い人たちに長門市のことを知ってもらい交流人口の創出につながる活動に取り組んでいきたいと思っています。

 

活動や生活を通して感じる長門市の魅力

長門市の魅力は、自然豊かな環境と暮らしやすさのバランスだと思っています。

海も山も同じくらい身近にあって、自然の風を感じることができます。自然のにおいもするし、自然の音も聞こえます

野菜もくだものも、お魚もお肉もどれも新鮮でおいしいし、比較的簡単に手に入れることができます。

そして1番の魅力はひとの良さです。

たくさんの方が快くまちに受け入れてくれて、やさしくしてくれます。

孫や娘のよう、とたくさんかわいがっていただいています。

1人で移住してきて心細い気持ちも少しありましたが、まちのみなさんのおかげでたのしく元気に過ごすことができていると思っています。

 

これから地域おこし協力隊を目指す方に一言

長門市では、先輩の地域おこし協力隊の方々の実績が素晴らしいので、あたたかく受け入れてくださる方がとても多いと思います。

地域おこし協力隊同士のつながりが強いのもとても心強い環境です。

わたし自身もまだ着任して少ししかたっていないのでわからないことがたくさんありますが、長門市が好きな気持ちは一緒なので一緒に取り組んでいきたいと思っています!

 

その他(ほかにPRしたいこと)

わたしが、地域初の地域おこし協力隊として着任した長門湯本は、3月にハード整備が完了し、これからいろんな魅力がどんどんあふれ出てくるまちだと思っています。

たくさんの観光客の方々に来ていただくだけでなく、長門市民にももっと愛してもらえるようなまちになれるように取り組んでいきますので、長門湯本のこれからにぜひ注目してみてください!

Instagramにて、長門湯本のことや移住後の暮らしについて、私なりに発信していますので、よければチェックしてみてください
https://www.instagram.com/nagatoyumoto_kyouryokutai/